メール相談

岡山県,子宮筋腫,UAE,岡山,大阪,兵庫,広島,四国,福岡,手術

田頭先生インタビュー

UAE実施実績

患者さんの声、体験談BLOG

田頭先生インタビュー

子宮動脈塞栓療法(UAE)相談掲示板

求人案内

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

インタビュー

Q.UAEを専門としたセンターをなぜ開業しようと思ったのですか?

僕は放射線科専門医で、大学病院を中心に主にガンを対象とするカテーテルによる血管内治療の経験を積んできました。
岡山大学病院勤務中の2001年頃に婦人科からカテーテルで子宮筋腫の治療をしてほしいという依頼が放射線科にありまして、それをきっかけに岡山大学でカテーテルを使った子宮筋腫の治療(子宮動脈塞栓術=UAE)を始めました。

UAEは新しい治療法にもかかわらず、それまで放射線科専門医が沢山行ってきたカテーテル技術と経験をそのまま応用して行うことが出来るので、子宮筋腫のための専用の器具など特に新しい機材を必要とせず、直ぐに始められました。
この開腹や切開をせず、子宮機能を温存できるUAEという治療法は画期的で、当時は沢山の大学病院や大病院でも行われるようになっていました。その治療効果について、画像診断をする僕達放射線科医としても、UAEをした後で子宮筋腫が明らかに小さくなって行くのをみて、UAEが子宮筋腫に高い効果があるというのを画像を通して実感していました。

そして、UAEの依頼元である婦人科医とはMRI画像を中心に共同で治療効果を検討して行きながら、婦人科診察室では患者さんから「非常に効果があってよろこんでいる」と、治療効果が非常に良いという感想を聞き、これはいい治療なんだと確信しました。
その後、UAEが高度先進医療から保険適応の治療に向かうよう仕事をしてきましたが、なかなかそうはなりませんでした。そうなると、大学病院ではこの治療を続けるのが難しくなっていきます。
しかし患者さんには非常に喜んでいただいており、この治療がなくなるということが勿体無いと思いました。

もっと沢山の人が引き続きUAE治療が受けられるようにと考え、専門施設を開設するに至りました。

Q.患者さんへのメッセージをお願いします。

田頭 周一(でんどう しゅういち)カテーテル技術自体は良性でも悪性でも同じなのですが、UAEを行ううちに感じた重要な注意点として、塞栓物質という血管の中を詰める物質の入れ具合が、ガン治療のような強さを必要としていない、むしろ強く入れすぎると子宮筋腫にはきつく、本来の温存しなければいけない子宮という臓器そのものを損なってしまう、ということを治療経験をするうちに分かってきました。
その経験によって塞栓物質を入れるさじ加減が次第に分かり、子宮の働きを損なわないで、なおかつ子宮筋腫・腺筋症への効果的な治療が出来るようになりました。
そのことで将来の妊娠だとか、予期せぬ合併症等のリスクを大幅に減らすことが出来るようになったと思います。

また、UAEとはどんなものか、自分に適しているのだろうかということを不安に思って来院される方が大半ですので、ご相談に来られた方みなさんにMRI画像をお見せしながら詳しく説明し、実際にUAEを施術をする僕から直接話します。ご自分の状態をよく分かって頂いて、ご本人がどのように日常生活で困っていて、これからどんな希望を持たれているのかを聞くことで、さらにUAE治療のさじ加減に反映させることができるようになっています。もちろん術後の画像も放射線科医の僕が責任を持って診断して患者さんに説明しています。

大学病院では婦人科が窓口だったので患者さんと直接対話することはあまりありませんでしたが、ご本人の声を聞き表情をみることでその満足度の高さを実感しています。その結果を手技にもフィードバックさせることでよりUAEの精度を高めてくれていると思います。

放射線科 田頭 周一(でんどう しゅういち)

田頭 周一(でんどう しゅういち)

田頭 周一
(でんどう しゅういち)

平成6年
岡山大卒 医学博士
平成6年~7年
岡山大学付属病院放射線科 勤務(研修医)
平成7年~9年
国立療養所南岡山病院放射線科 勤務(レジデント)
平成9年~10年
岡山大学付属病院放射線科 勤務(医員)
平成10年~12年
愛知県がんセンター放射線診断部 勤務(レジデント)
平成12年~16年
岡山大学付属病院 放射線科 勤務(医員)
平成16年
子宮筋腫岡山UAEセンター 開設・勤務
現在に至る

■日本医学放射線学会専門医
■日本インターベンショナルラジオロジー学会指導医
■岡山大学病院放射線科診療講師

PAGE TOP